1.原料(楮)を煮る[白皮]

    楮むきにより作られた楮の黒皮部を楮引包丁で削り
    取った「白皮」を釜に入れ、木灰・ソーダ灰・石灰など
    で煮て不純物を除去し純度の高い繊維にする。木灰
    煮が、最もよく繊維の特徴を生かす。

  2.楮のあくを抜く[皮晒し・タンク]
    煮熟した白皮を水中に浸して、その不純物を流出さ
    せる。

  3.楮のちり取り
    あく抜きした白皮についているごみや傷などを丁寧
    に取り除く。

  4.楮の打解[打解機・ビーター]
    白皮を細い1本1本の繊維に分解させるために打ち
    ほぐす。
    かつては手打ちによる打解が行われていた。

  5.紙漉き[流漉き、トロロアオイを添加]
    紙漉きは、漉槽(スキフネ)・たが・す・まんがなどの
    道具を用いて行う。
    トロロアオイは、紙漉きをしやすくしたり紙の地合を
    良くするなどの高揚をもつ。

  6.湿紙のしぼり[湿紙の圧搾・脱水]
    漉きあげた紙の層(かんだ)をそのままにして自然
    脱水した後、機械しぼりを行う。

  7.乾燥[天日乾燥・火力乾燥]
    この地には『ぴっかり千両』ということばがあるように、
    昔から天日乾燥が行われ、特性を生かした良質な紙
    をつくりあげてきた。今日ではほとんど鉄板乾燥(火
    力乾燥)を用いている。

  8.選別
    乾燥させた紙を上紙や損紙、厚簿不同なものを1枚1
    枚検査して選び分ける。

  9.仕上げ[切断・包装]
    選別した後は、企画に会わせて裁断し、出荷単位に
    重ね包装する。

1

削り取られた白皮

1

和紙の原料となる楮

楮のちり取り

3

楮煮釜

2

紙漉き

5

楮の打解

4

湿紙のしぼり

6

乾燥

7

手漉き風景(和紙が出来るまでの手順)